地下1700メートルから湧出する良質な本格温泉が自慢の、日帰り天然温泉。

〒355-0342 埼玉県比企郡 ときがわ町大字玉川3700

昨年惜しまれつつも閉業した川越市の最後の銭湯「旭湯」等、近隣の閉業銭湯のタイル絵を活用した「銭湯喫茶 玉川テラス」を 4 月 29 日(昭和の日)にオープンしました。

〜「銭湯喫茶 玉川テラス」誕生秘話〜

2021 年 3 月に川越市で戦後から 77 年続いた最後の銭湯「旭湯」が閉業し、川越の街並みから煙突が消えてしまいました。

玉川温泉では旭湯閉業の話を一年前に聞き、日本のおふろ文化を後世に残したいとの思いから、店主様にご協力いただき備品を譲ってもらい脱衣場などで再利用してきました。

また、その活動を知った熊谷市の「朝日湯」の常連様から「ぜひ熊谷の朝日湯の面影も残してほしい」とお話しをいただき、

川越「旭湯」と同様に備品を譲り受けることになりました。

どちらの銭湯にも素敵なタイル画がありましたが、解体により昔の職人さんの素晴らしい手仕事が壊されてしまうと聞き、それらを何とか残せないものかと考えた結果、

自分たちの手で一枚一枚タイルを剥がし、組み直して一枚の絵のように仕上げました。

このように救出した品々を利用して、玉川温泉の「玉川テラス」を改装。テラスの壁には銭湯には欠かせない「ペンキ絵」も新設しました。

日本で 3 人しか残っていない銭湯絵師の一人・田中みずきさんの作品で、絵の中には地元ときがわ町の自然と川越の「旭湯」、熊谷市の「朝日湯」が描かれています。

テラスは新しいお休み処としてご利用いただくことができ、今後は軽食も提供予定です。

たくさんの思い出が詰まった銭湯の面影を残しながら、新しい役目として人々が温かく集える場を提供していきたいと思っています。

April 30th,2021

食堂営業のご案内

埼玉県からの要請により、
5月31日までの間、食堂の営業時間を短縮いたします。
(お風呂は通常通り営業しております)

食堂営業時間 11時〜21時(ラストオーダー20時半)
※酒類の提供終日自粛

CLOSE